「学びのポイントラリー」とはどのようなものかを、ここでは紹介します。
 
学びのポイントラリー

学びのポイントラリーの名称およびロゴマークは、標章登録されています。

「学びのポイントラリー」とは
「学びのポイントラリー」のしくみ
プログラムの種類とポイント数
ポイントの取得と認定証
参加している地域
後援・協賛団体


「学びのポイントラリー」とは

子どもたちが「社会の中で自立して豊かに生きていく力」をつけるためには、 学校教育、家庭教育、民間教育(塾、習い事など)だけでは、十分とは言えません。 地域の中で、社会のさまざまな人たちと関わりながら学ぶ機会が必要です。 また、学校週五日制が実施されて、土曜日や長期休暇には、 地域にも充実した学びの場が求められています。

そこで地域の学び推進機構(以下、機構)は、地域教育を活性化するために、 「学びのポイントラリー」制度を提案し、各地域でその実現を目指しています。 自治体、市民団体、 NPO、民間企業、大学などが地域で実施している 子どものための教育プログラムがたくさんあります。 それらを登録して学校などを通じて子どもたちに紹介し、 ポイントラリーのように、多様なプログラムへの参加を促すのがこの制度です。

2005年度に東京都ではじまり、登録団体数・プログラム数ともに増えています。 さらには、奈良、京都、岡山など他地域にも広がりをみせています。

「学びのポイントラリー」のしくみ

@プログラム実施団体は、自治体、市民団体、NPO、民間企業、大学、地域の施設などです。
A機構がプログラムをリストに登録します。これらは機構のホームページで見ることができます。
B子どもたちは、放課後、休日、長期休暇などに、プログラムを選択して参加します。参加するとポイントカードにスタンプが押されます。
C40ポイントごとに機構に申請すると認定証が発行されます。

プログラムの種類とポイント数

プログラムに参加するともらえるポイント

小中学生対象のプログラムと、高校生対象のプログラムがあります。

プログラムの分野は、下記の4領域とします。
  A) 教科学習に関するもの(学校の授業の補充・発展)
  B) 文化・スポーツに関するもの
  C) 市民生活、社会参加に関するもの(ボランティア活動を含む)
  D) 職業理解、職業体験、職業選択などに関するもの

1日あたり
  1時間以上2時間未満・・・1ポイント
  2時間以上4時間未満・・・2ポイント
  4時間以上 ・・・・・・・3ポイント
各分野をバランスよく、年間40ポイント取ることを促します。ポイントは年度を越えても有効です。

作文を書いて送るともらえるポイント

プログラムに参加したときの体験記や、 「学びのポイントラリー」についての小論文を機構本部に送るとポイントがもらえます。
参加体験記 個々のプログラムに参加したときの体験についての作文。参加したプログラムと同じ種類を1ポイント。
小論文    「学びのポイントラリー」全体についての意見や感想をまとめたもの。教科を2ポイント。

作文の標準的な字数は、次の表のとおりです。

小学生 中学生 高校生
低学年 中学年 高学年
参加体験記 200 300 400 600 800
小論文 400 600 800 1200 1600

作文は、年間を通じて随時受け付けます。提出先は、機構事務局です。作文は、原則として手書きとし、返信用の切手を同封のうえ郵送してください(Eメールでは受け付けません)。

ポイントは、シールを返送しますので、自分でポイントカードに貼ってください。

なお、送られた作文は、機構側で、「学びのポイントラリー」の紹介・広報に用いることがありますのでご了解ください。また、優秀な作品に対しては表彰します。

プログラム運営の手伝いをするともらえるポイント

中学生や高校生が、ポイントラリーのプログラムの実施や運営に ボランティアとして参加すると、活動時間に応じてポイントがもらえます。
  ボランティアポイント・・・市民のポイントを活動時間に応じた数。

ポイントの取得と認定証

参加したいプログラムを選びます

機構のブログに載っているプログラム一覧から、参加したいプログラムをえらびます。 日時や場所を、あらかじめ確認しておきましょう。
機構のブログはこちら

プログラムに参加します

当日、プログラムに参加します。ポイントカードを持っていき、スタンプを押してもらいましょう。

参加記録をつけます

ポイントシートに参加記録をつけます。 用紙は機構のホームページからダウンロードできます。 この用紙は、認定証の裏面に学習の記録として印刷されるので、きれいに書きましょう。

認定証を申請します

なお、2016年度より、 「40ポイントのうち、同じジャンル(色)は35ポイント以内とする」 というルールができましたので、 ご注意ください(「お知らせ」参照)。

40ポイントたまったら、 ポイントカードとポイントシートを機構に送ってください。 認定証が発行されます。 書類の書き方の詳細は「認定証申請手続き」をごらんください

参加している地域

現在 「学びのポイントラリー」 には、次の地域が参加しています。

東京都文京区 江東区 台東区 渋谷区 小金井
奈良県奈良市
京都府相楽郡広域連合(笠置町 和束町 南山城村)
岡山県井原市 美咲町 矢掛町
岩手県葛巻町

後援・協賛団体

後援

文京区教育委員会、奈良市教育委員会、(財)パナソニック教育財団、(財)中央教育研究所、(財)文京アカデミー、(財)福武教育文化振興財団,、(株)ベネッセ・コーポレーション、(株)凸版印刷

協賛

キッズベースキャンプ

「学びのポイントラリー」は、(財)パナソニック教育財団、(財)福武教育文化振興財団から研究助成を受けています。